**ダーマペン**は、美容医療の一環として多くの人に支持されている施術の一つです。微細な針で肌に小さな穴を開けることで、肌の自然治癒力を引き出し、ニキビ跡や毛穴開き、肌質改善などの効果が期待されます。しかし、近年「ダーマペンはやめたほうがいい」という声も聞こえてきます。こういった声を耳にすると、ダーマペンの施術を受けるかどうか迷う方もいるでしょう。

本記事では、なぜ「ダーマペンはやめたほうがいい」と言われるのか、その理由を詳しく掘り下げるとともに、ダーマペンをやめたほうがいいとされる人の特徴や、ダーマペンで後悔しないためのポイントについて解説します。また、セルフダーマペンが持つリスクについても説明し、最適な美容施術を選ぶための情報を提供いたします。

### 専門的な助言:

本記事では、以下の信頼できる情報源を参照しています。

– **アメリカ皮膚科学会(AAD)**の報告書
– **米国食品医薬品局(FDA)**の認証情報
– **日本美容外科学会**の公式ガイドライン

## ダーマペンが不安視される理由

### 肌悩みを改善するには回数と費用が必要

まず、ダーマペンは単回の施術で劇的な効果が得られるわけではありません。**3〜4週間に1回の頻度**で、**5回以上**の治療が必要となります。例えば、クレーター状のニキビ跡や毛穴の開きにはさらに多くの施術が求められます。

また、ダーマペンの施術費用は**1回あたり平均1〜3万円**程度です。5回以上施術を受けると、総額では**15万円を超える**場合もあります。つまり、時間とお金が必要であるということです。

### ダウンタイムや禁止行為

ダーマペンのもう一つの課題は**ダウンタイム**です。施術後、数日から1週間ほどのダウンタイムが必要で、その間以下のような症状が現れることがあります:

– 赤み
– 腫れ
– 出血
– 内出血
– 熱感
– 皮むけ

これらの症状が完全に落ち着くまで、**激しい運動**や**飲酒**などの行動は避けなければなりません。また、使用する基礎化粧品も低刺激のものに限定されます。

### 施術中の痛み

最後に、施術中の痛みについても注意が必要です。微細な針で無数の穴を開けるため、特に**骨が近い部位**(額、鼻、頬骨、フェイスライン)は痛みが強いと感じる方が多いです。ただし、多くのクリニックでは**麻酔クリーム**を使用できるため、不安な方はカウンセリング時に相談すると良いでしょう。

### ダーマペンをやめたほうがいい人の特徴

#### 施術直後に予定がある人

ダーマペンのダウンタイムが終わるまでには数日から1週間かかります。特に施術直後は赤みが強く、人に会うのは抵抗があるかもしれません。できるだけ施術直後に予定を入れないようにしましょう。

#### 禁忌事項に当てはまる人

以下の条件に該当する方は、ダーマペンを避けたほうが良いでしょう:

– 酒さ(赤ら顔)
– 単純性ヘルペス
– いぼ
– 皮膚硬化症
– バクテリア真菌感染症
– 開いた傷口
– 日光角化症
– 皮膚癌
– 血友病
– 金属アレルギー
– 炎症性ニキビ
– 妊娠中、授乳中

これらの条件に該当する場合、ダーマペンの施術は肌に負荷をかける可能性があり、医師との相談が必須です。

## ダーマペンで後悔しないためのポイント

### 実績や症例が豊富なクリニックで受ける

まず、信頼性のあるクリニックを選ぶことが重要です。**過去の実績**や**症例数**が多く、カウンセリングが丁寧なクリニックを選びましょう。口コミやレビューも参考にすると良いです。

### 肌悩みを改善するための治療計画を立てる

施術を受ける前に、**必要な治療回数**や**費用**、**期間**について詳しく聞いてみましょう。具体的な治療計画を立てることで、ダーマペン以外の治療法と比較しやすくなります。

### アフターケアを徹底する

アフターケアも忘れずに。以下の点を守ることでダウンタイムを短縮し、肌トラブルを避けられます:

1. **サウナや激しい運動を避ける**:血行が促進されると赤みや腫れが長引くことがあります。
2. **紫外線対策を徹底する**:紫外線は肌に大きなダメージを与えるため、日焼け止めや日傘をしっかりと使用しましょう。

## セルフダーマペンとの違い

自宅でできるダーマペンが販売されていますが、クリニックでの施術とは大きく異なります。以下の理由から、セルフダーマペンには注意が必要です:

### 肌の状態がチェックできない

クリニックではプロの視点で肌の状態を評価し、施術の計画を立てます。セルフダーマペンでは肌の状態を正確に判断することが難しいため、施術の効果が得られなかったり、肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

### 肌を傷つけるリスクがある

ダーマペンは針を垂直に刺す必要がありますが、セルフで行う場合この制御が難しいです。間違った方法で行うと毛穴を広げたり、肌にダメージを与える可能性が高まります。

### 衛生面が確保できない

クリニックでは感染症対策が徹底されていますが、自宅で行う場合には十分な衛生対策が難しいです。これにより、感染症や肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

## ダーマペンに関する一般的な質問

### 1. ダーマペンとポテンツァの違いは?

#### 回答:

ダーマペンは微細な針で肌に穴を開ける施術。一方、ポテンツァは針を刺す際に皮膚を吸引し、同時に電磁波を出すことで、肌への刺激を軽減します。

#### 説明:

ポテンツァは、痛みが少なく、ダーマペンによる施術が難しい部位(例えば赤ら顔やニキビ)にも対応可能です。そのため、肌が敏感な方や特定の肌悩みがある方に向いています。

#### ガイド:

どちらを選ぶかは、施術に求める効果や予算によって異なります。施術前に専門医と相談し、自分に最適な方法を選びましょう。

### 2. ニキビ跡の改善に使用する針は何ミリ?

#### 回答:

ニキビ跡に使用する針の長さは1.5mm以上が推奨されます。

#### 説明:

クレーター状のニキビ跡の場合、凹凸部分に深く針を入れる必要があります。針の深さが深いほど、痛みやダウンタイムも長くなりますが、効果もその分大きくなります。

#### ガイド:

初めての場合は浅めの針から始め、肌の反応を見ながら徐々に深い針に移行するのが望ましいです。専門医と相談しながら進めると安心です。

### 3. ダーマペンは毛穴開きに効果がないって本当?

#### 回答:

ダーマペンは毛穴開きにも効果があるとされています。

#### 説明:

ダーマペンを何度も受けることでコラーゲン生成が促され、毛穴が目立たなくなる効果が期待できます。ただし、1回の施術で大きな効果を期待するのは無理があります。6回程度が目安です。

#### ガイド:

ダーマペンを受ける際は根気よく続けることが大切です。施術後のアフターケアもきっちり行い、紫外線対策や保湿ケアを怠らないよう心がけましょう。

## 結論と推奨事項

### 結論

ダーマペンは、ニキビ跡や肌質改善に効果的な美容施術として人気があります。しかし、ダウンタイムや施術回数、費用などの点から注意が必要です。特に即効性を期待する方や特定の肌状態を持っている方には適さない場合があります。また、セルフダーマペンには多くのリスクが伴うため、避けることが望ましいです。

### 推奨事項

ダーマペンの施術を考える際は、まず実績があり信頼できるクリニックを選ぶことが重要です。施術前にしっかりとカウンセリングを受け、治療計画を立てましょう。また、施術後のアフターケアを徹底することで、後悔する可能性を減らすことができます。最後に、セルフダーマペンは避け、専門の医療機関での施術を受けることを強く推奨します。

## 参考文献

1. **アメリカ皮膚科学会(AAD)** – Dermatology Treatment Guidelines
2. **米国食品医薬品局(FDA)** – Medical Device Regulations and Approvals
3. **日本美容外科学会** – 美容施術のガイドライン

これらの情報源は、信頼性が高く、美容医療に関する最新の情報を提供しています。