序論

美容整形の一つとして広まっている「埋没法」は、メスを使わない手軽な二重整形として人気ですが、一方で「取れやすい」という噂も耳にします。本記事では、埋没法の特徴や仕組み、そして「取れやすい」とされる原因について詳しく解説します。埋没法に興味を持っている方やすでに施術を受けた方など、多くの方に役立つ情報を提供いたしますので、ぜひ最後までお読みください。

専門的な助言:

本記事で取り上げた専門的な情報の詳細については、日本美容外科学会や日本形成外科学会のガイドラインを参照してください。また、埋没法に関心がある方は、信頼できる美容外科医のもとでカウンセリングを受けることをお勧めします。

埋没法とは?

埋没法は特殊な糸を使ってまぶたに二重を作る手術方法で、目元を整形するための技術の一つとして広く知られています。切開法と異なりメスを使わないため、ダウンタイムが短く日常生活に戻りやすいといった利点があります。

主な特徴

埋没法には挙筋法瞼板法の2種類があり、どちらもまぶた内部に糸をかけて二重を形成するという点では共通していますが、違いは糸をかける部位です。

挙筋法

瞼板法

埋没法が取れる理由

埋没法が取れやすいといわれる裏には、いくつかの理由が考えられます。以下にそれぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

術式の違い

埋没法は一口に言っても、糸の通し方や結び方に違いがあります。最も単純な方法は点留めで、この方法は簡単ですが取れやすいとされています。トライアングル法ループ法など、複数点で留める方法もありますが、医師の技術に依存するため、事前の確認が必要です。

医師の技術

糸の結び方や術後のケアが不十分だと、糸がすぐに取れてしまう可能性があります。再手術が避けられない場合もあり、信頼できる医師に依頼することが重要です。

二重の幅

二重の幅が広すぎると、二重の形状を維持するのが難しくなり、糸が取れやすくなります。一般的には7mm以内が最適とされています。

まぶたの状態

埋没法を行う際のまぶたの状態にも関係があります。

体重増加

施術後も体重の増減が影響を与えることがあります。体重が増えるとまぶたに脂肪がつき、糸が緩んで二重が取れやすくなります。

埋没法の糸が取れにくくなる方法

埋没法の糸が取れやすい原因を理解した上で、どのようにすれば糸が取れにくくなるのかを考えることが重要です。

まぶたへの負担を減らす

目を強くこすることや、アイプチなどを使うことは避けましょう。これにより、まぶたの皮膚や内部の組織が傷むことを防げます。

むくみ防止

埋没法後はむくみが出やすくなります。むくみを防ぐためには、飲酒を控えたり、塩分摂取を少なくすることが有効です。また、適度な運動や温かいバスで体を温めることもむくみ防止に繋がります。

適切な二重幅を選ぶ

二重の幅が広すぎると取れやすくなりますので、適切な幅の二重を選ぶようにしましょう。カウンセリングで医師としっかり相談することが大切です。

糸が取れる前兆

埋没法は糸が突然取れるというよりは、次第にその効果が薄れていくことが多いです。以下のようなサインを覚えておくことで、早めに対処することができます。

これらの変化に気づいたら、早めにクリニックに相談することをお勧めします。

埋没法が取れた時の対処法

埋没法の糸が取れてしまった場合、どのように対応すれば良いのかを説明します。

糸の確認

まずは、小さな手鏡でまぶたや眼球に糸が出ていないか確認してください。もし糸が出ていた場合は、放置せずに医療機関を受診することが重要です。

再手術を検討

糸が取れてしまった場合、再手術を受けることを検討しましょう。施術を行ったクリニックに再度相談するか、他のクリニックでセカンドオピニオンを求めることもできます。

保証の確認

埋没法の施術には、多くの場合保証期間があります。契約内容を確認し、保証期間内であれば再手術を依頼することができます。

埋没法のクリニック選びのポイント

埋没法を受ける際にどのような点に注意してクリニックを選ぶかは非常に重要です。

カウンセリング

カウンセリングを複数のクリニックで受けてみることが効果的です。雰囲気や医師の対応、不安や疑問に真摯に答えてくれるかどうかを確認しましょう。

料金と保証制度

料金設定と保証の内容をしっかりと確認してください。適正な料金で、納得のいく保証が付いているかをチェックします。

医師の技術力

埋没法は医師の技術力によって結果が大きく変わります。適切な術式を選び、糸の結び方を慎重に行う医師を選ぶことが大切です。

埋没法に関連する一般的な質問

1. 埋没法の効果はどのくらい持続するのか?

回答:

個人差はありますが、一般的には4〜5年程度持続するとされています。

説明:

埋没法の効果の持続期間は、個人のまぶたの状態やライフスタイルなどに大きく依存します。まぶたが油分を多く含んでいたり、頻繁に目をこすったりする習慣がある方は、糸が取れやすくなります。

ガイド:

糸が取れにくいようにするためには、まぶたに負担をかけないようにし、むくみ防止や適切なスキンケアを行うことが有効です。

2. 埋没法と切開法の違いは何か?

回答:

埋没法は糸を使って二重を作るのに対し、切開法はメスを使ってまぶたを切開し、永久的な二重を形成します。

説明:

埋没法はダウンタイムが短く、回復が速いのに対し、切開法はダウンタイムが長いものの、永久的な二重を得ることができます。切開法は一度切開してしまうと元に戻せない点がデメリットですが、確実性の高さが魅力です。

ガイド:

どの方法が適しているかを決めるには、自分のライフスタイルや希望する二重の形状を考慮し、医師とじっくり相談することが重要です。

3. 埋没法のリスクと注意点は?

回答:

主なリスクとしては糸の取れやすさ、術後の腫れや痛み、感染症などが挙げられます。

説明:

埋没法は比較的リスクの低い手術ですが、絶対に安全というわけではありません。糸が取れてしまうことや、術後の腫れや内出血、感染症のリスクも考慮する必要があります。

ガイド:

手術を受ける際には、医師の技術力やクリニックの衛生管理、術後のケアについてしっかりと確認することが重要です。万が一問題が発生した際の対応も事前に聞いておくと安心です。

結論と推奨事項

結論

埋没法は手軽でダウンタイムが短い二重整形方法として人気がありますが、「取れやすい」との噂も根強いことが確かです。しかし、適切な技術とまぶたの状態を評価し、信頼できる医師のもとで施術を受けることで、そのリスクを最小限に抑えることが可能です。

推奨事項

埋没法を検討している方は、まずは信頼できるクリニックで充分なカウンセリングを受けることが重要です。その際、自分のまぶたの状態や希望に合った術式を提案してくれる医師を選びましょう。また、術後のケアや生活習慣にも気を使い、できるだけまぶたに負担をかけないよう心掛けてください。正しい情報を持ち、適切なクリニックを選ぶことで、理想の二重を手に入れる第一歩となります。

参考文献

  1. 日本美容外科学会, “美容外科の指針とガイドライン”, https://www.jsas.or.jp/
  2. 日本形成外科学会, “形成外科の基礎知識”, https://jsprs.or.jp/
  3. 共立美容外科, “共立式二重埋没P-PL挙筋法”, https://www.kyoritsu-biyo.com/