序論

子どもの急な腹痛は、親にとって非常に心配な問題です。大半のケースでは心配する必要のない、便秘や胃腸炎といった軽症ですが、あまりに痛みが強かったり、持続したりする場合には重大な病気が隠れているかもしれません。本記事では、子どもの急な腹痛の背後に潜む可能性のある深刻な疾患について詳しく説明し、どのような場合に医療機関を受診するべきかを明確にします。

まず、腹痛を引き起こす主な原因として、外科的処置が必要な重大な病気があります。これらは緊急を要する場合が多く、迅速な対応が求められます。そのため、親が注意すべきサインや症状を知っておくことが重要です。また、小さな子どもは自分の症状を言葉で説明できないことが多いので、親の観察力が非常に重要になります。

この記事を通じて、親がどのような症状に注意し、どのように対応すれば良いのかを具体的に学びましょう。医師の経験談を交えながら解説し、最も一般的な質問にも答えていきます。

専門的な助言:

本記事で使用された専門家の名前と信頼できる情報源をリストアップします。あくまで参考にしてください。

重症の腹痛とは何か?

外科的処置が必要な腹痛

子どもの腹痛は、原因によって様々な種類がありますが、特に「手術などの外科的処置が緊急で必要なもの」を適切に見極めることが重要です。以下にその具体例をいくつか挙げます。

急性虫垂炎

急性虫垂炎は、盲腸の一部である虫垂に炎症が発生する状態です。最も一般的な症状は、腹痛が次第に強まることです。特に、右下腹部に痛みが集中することが多いです。また、嘔吐や発熱、食欲不振なども伴うことがあります。放置すると、腹膜炎といった深刻な合併症を引き起こす可能性があるため、早急な手術が必要です。

腸閉塞(イレウス)

腸閉塞は、腸管が詰まることで食品やガスの通過が阻害される状態です。腹痛、嘔吐、お腹の膨張が典型的な症状です。原因としては癒着や腫瘍などが挙げられ、年齢によっても異なります。早急な外科的処置が必要なため、疑わしい場合はすぐに病院を受診しましょう。

腸重積

腸重積は、腸の一部が他の部分に入り込んで重なる状態で、特に2歳までの子どもによく見られます。症状としては、激しい腹痛や血便があり、ぐったりとした態度や機嫌の悪さが見られることもあります。重篤な場合は腸組織が壊死する可能性があるため、早急な治療が必要です。

主な症状と診断方法

上述の疾患について、主な症状と診断方法を以下にまとめます。

これらの症状が見られた場合は、すぐに医療機関で診察を受けることが重要です。

非常に注意すべき疾患

鼠径ヘルニア嵌頓

鼠径ヘルニア嵌頓とは、股の付け根周辺に腸や他の腹部内臓が脱出し、戻らなくなる状態を指します。特に乳幼児では自分で症状を訴えることが難しいため、不機嫌な様子や股の付け根の腫れ・赤みを見逃さないようにしましょう。迅速な手術が必要です。

精巣捻転

精巣捻転は、学童期から思春期の男児に多く見られる疾患で、精巣を栄養する血管が捻じれる状態を指します。症状としては、陰嚢の痛みやお腹の痛みを訴えます。早急な手術が必要で、迅速に対応しないと精巣が機能しなくなるリスクが高いです。特に6時間以内の手術が求められます。

腹部外傷

腹部外傷は、子どもが転倒やぶつけた際に起こることが多いです。外見上は大した傷がなくても、内部の臓器損傷の可能性があります。特に、頻脈や腹痛、嘔吐といった症状が見られる場合は注意が必要です。

親が注意すべきサインと対策

子どもの腹痛を見極めるためのポイントを具体的に説明します。

サイン

対策

親として、このような知識を持つことで、子どもの健康を守る大きな一歩を踏み出せます。

子どもの腹痛に関連する一般的な質問

1. 子どもの腹痛が続く場合、どのタイミングで医者を呼ぶべきですか?

回答:

腹痛が続く場合や他の危険な症状が見られた場合は、すぐに医師を呼ぶことをお勧めします。

説明:

痛みが24時間以上続く、痛みが増強する、嘔吐や血便が見られる場合、お腹が異常に膨張している場合などは、特に注意が必要です。また、子どもが異常にぐったりしている場合も同様です。

ガイド:

2. 子どもが腹痛を訴えたが、他に特に症状がない場合はどうするべきか?

回答:

他の重大な症状が見られなければ、まずは様子を見ましょう。

説明:

軽度の腹痛の場合は、一時的な便秘や胃腸のトラブルが原因であることがあります。そのため、他の重大な症状(嘔吐、血便、著しいぐったり感など)が見られない場合は、水分を補給し、安静にさせることが重要です。

ガイド:

3. 肩や背中の痛みを伴う腹痛はどのように対処すべきか?

回答:

肩や背中の痛みを伴う場合も医師に相談することをお勧めします。

説明:

肩や背中の痛みが腹痛と伴う場合、他の臓器や体の部位に問題がある可能性があります。例えば、膵炎や胆石といった問題が考えられます。

ガイド:

結論と推奨事項

結論

子どもの急な腹痛は、見逃せない重大な病気が隠れていることがあります。特に外科的処置が必要な場合は、迅速な対応が求められます。親としては、子どもの状態をしっかり観察し、医療機関に依頼するタイミングを見極めることが重要です。

推奨事項

親が注意すべきサインや症状を把握し、必要ならば早めに医療機関を受診することが不可欠です。子ども自身が異常を訴えきれない場合でも、異常を察知できるようにするため、専門家のアドバイスを参考にしましょう。また、「こどもの救急(ONLINEQQ)」などのオンラインリソースも有効に活用してください。


参考文献

  1. 伊藤 友弥 先生(あいち小児保健医療総合センター 救急科 医長)
  2. 日本小児科学会が運営する「こどもの救急(ONLINEQQ)」

本記事が、子どもの急な腹痛に関してあなたの理解を深め、適切な対応を導く一助となることを願っています。