子宮体がんの検査についての真実

序論

子宮体がんは、子宮内膜から発生するがんで、閉経後や黄体ホルモン療法を受けている場合にリスクが増加することがあります。この記事では、子宮体がんの検査における一般的な流れや痛みに関する情報を共有していきます。また、子宮頸がんと子宮体がんの検診の違いや、痛みを伴う検査の実態について詳しく解説します。読者に役立つ有益な情報を提供し、検査や治療への不安を少しでも軽減することを目指しています。

参考資料/専門的相談

今回の記事は、山形大学医学部附属病院産科婦人科教授である永瀬 智 先生のアドバイスと情報に基づいています。

子宮体がん検査の流れを知ろう

子宮がん検診とは別物

しばしば混同されがちですが、一般的な「子宮がん検診」は子宮頸がんの検診を指し、子宮体がんの検査は含まれていません。これは1960年代に日本で子宮がん検診が始まった当時、子宮体がんの発症率が低く、ほとんどが子宮頸がんとされていたためです。しかし、現代では子宮体がんの患者数が増えているため、明確に区別されています。特に、不正出血がある場合は、子宮頸がん検査と同時に子宮体がん検査も受ける必要があります。

問診・内診

問診票の記入から始まり、医師や看護師からの質問に答えます。続いて内診で、子宮の大きさや痛みを確認し、クスコ膣鏡を用いて膣内と子宮の出口の状態をチェックします。

経腟超音波検査

希望する患者や症状がある患者には、次に経腟超音波検査が行われます。これは、子宮内膜の厚さを確認するもので、異常があれば細胞診をすすめます。特に閉経後の女性で子宮内膜の厚さが5mmを超える場合、症状がなくても細胞診が推奨されます。

細胞診

細胞診は、子宮内にブラシのような器具を挿入し、細胞を取得する方法です。がんの疑いを調べるために行われますが、がんがあるにもかかわらず陰性と判断されることが10%~20%あります。そのため、結果が陰性でも出血が続く場合は再度検査を行うことがあります。

組織診

最後に組織診が行われます。これは耳かきのような器具で子宮内膜を削り取る方法で、外来でも行えますが、場合によっては入院して麻酔をかけることもあります。結果は1〜2週間で出ます。

適切なタイミングでの検査や再検査が、正確な診断と早期発見につながります。

痛みの実態と対処法

痛みの原因

子宮体がんの検査は、子宮頸がん検査と比べて痛みが伴いやすいです。器具を奥深く挿入するため、痛みを感じることがあります。特に帝王切開で出産した方や出産経験のない方には痛みが強い場合があります。

痛みの対処法

  1. 痛みの緩和策:
    • リラックスするための音楽を聞く
    • 深呼吸を繰り返す
    • 痛み止めを使用する
  2. 事前の情報収集:
    痛みや検査の流れについて事前に医師と相談し、安心して検査を受けられるよう準備することが大切です。

  3. 適切な環境設定:
    リラックスできる環境を作るための工夫や、自身の要求を医師に伝えることが重要です。

検査を受ける頻度

特に不正出血がない場合、毎年の検査は必須ではありませんが、リスクが高い場合や不安がある場合は定期的な検査をおすすめします。家族に子宮体がんの患者がいる場合や、乳がん治療薬タモキシフェンを内服している方は特に注意が必要です。

よくある質問(FAQ)

1. 子宮体がん検査はどのくらいの頻度で受けるべきですか?

答え:

特にリスクがある場合を除いて、毎年の検査は必須ではありませんが、症状が出たらすぐに受けるべきです。

説明:

普段は1~2年に一度の検査で十分とされますが、家族に子宮体がんの患者がいる場合や乳がん治療薬タモキシフェンを内服している方は、毎年の検査が推奨されます。出血や異常を感じたらすぐに検査を受けることが大切です。

ガイドライン:

症状が出たらすぐに検査を受け、異常があれば再検査を行うことが重要です。定期的な検査は不必要なリスクを避けることができます。

2. 子宮体がん検査は痛いですか?

答え:

多少の痛みを感じることがありますが、その程度は個人差があります。

説明:

特に細胞診と組織診では、器具を挿入するため痛みが伴うことがあります。出産経験のない方や帝王切開で出産した方は、痛みが強い場合があります。痛みを軽減するための対策として、痛み止めを事前に服用することもあります。

ガイドライン:

医師と事前に相談し、適切な対処法を取ることが重要です。リラックスできる環境を整えることも効果的です。

3. 子宮体がん検査と子宮頸がん検査の違いは何ですか?

答え:

子宮頸がん検査は子宮頸部の異常を調べるもので、子宮体がん検査は子宮内膜が対象です。

説明:

子宮頸がん検査は子宮頸部の異常を調べるため、クスコ膣鏡を使って視覚的に確認できる部分が主な対象です。一方、子宮体がん検査は子宮内膜の異常を調べるため、経腟超音波検査や細胞診、組織診などを行います。

ガイドライン:

それぞれの検査対象と方法を理解し、不正出血や異常を感じた場合は速やかに検査を受けることが重要です。

4. 子宮体がんの症状にはどんなものがありますか?

答え:

代表的な症状は不正出血や異常なおりものです。

説明:

特に閉経後の出血や月経以外の時期の不正出血が主な症状として現れます。おりものの異常も見られることがあり、これらの症状が見られた場合、すぐに検査を受けることが大切です。

ガイドライン:

不正出血や異常なおりものなどの症状があれば、速やかに医師に相談し、必要な検査を受けることが重要です。

5. 子宮体がん検査に備えて注意すべきことは何ですか?

答え:

リラックスした状態で検査を受けることと、検査内容について事前に医師と相談することが大切です。

説明:

検査に対する不安を軽減するために、事前に検査の流れや痛みに関する情報を収集し、リラックスできる環境を整えることが重要です。

ガイドライン:

事前に医師と相談し、適切な対策を講じてリラックスして検査に臨むことが重要です。

結論と推奨

結論

子宮体がんの検査は、痛みを伴う場合がある一方で、早期発見と診断に役立つ重要な検査です。特に不正出血や異常を感じた場合、速やかに検査を受けることが大切です。検査自体は一般的には数十分で終わりますが、痛みを軽減するための対策を講じることも可能です。

推奨

  1. 定期的な検査:
    • 特にリスクがある場合や不正出血がある場合、定期的な検査を推奨します。
  2. 適切な情報と準備:
    • 事前に検査内容や痛みに関する情報を収集し、リラックスできる環境を整えることが重要です。
  3. 医師と充分なコミュニケーション:
    • 医師に質問や不安を遠慮せずに伝え、適切な情報を得て検査に臨みましょう。
  4. リラックスのための対策:
    • 音楽を聴いたり深呼吸を繰り返すなど、リラックスできる方法を見つけましょう。

参考資料