序論

乳がん治療の進展により、乳がん患者さんの治療後の生活も大きく変わってきています。私たちの社会において、がんを患った人々がその後の人生を豊かに過ごせるようにするための取り組みが重要です。乳がんは女性に多く見られるがんの一つであり、治療後の生活支援はますます関心を集めています。特に、治療と生活の中で直面する問題に対して、医療機関がどのようなアプローチを取るかが鍵となります。

ここでは、聖路加国際病院ブレストセンターが行っている「がんサバイバーシップ」の取り組みについて紹介します。がんサバイバーシップとは、がん治療を終えた患者さんの生活を多方面から支援するための活動です。この取り組みの具体例を通じて、治療後の生活をどのように支えているのかを見ていきましょう。

専門的な助言

この記事で言及されている専門家や組織には以下が含まれます:

がん治療後の生活の支援

がん医療が進歩する中で、治療後の患者さんが直面する生活課題に対して医療機関がサポートを提供することの重要性が高まっています。聖路加国際病院ブレストセンターで行っているがんサバイバーシップの具体例を通じて、その取り組み内容を詳しく見ていきましょう。

妊孕性の温存

乳がんと診断された38歳のAさんを例に、「妊孕性(にんようせい)」の温存のための取り組みを紹介します。乳がん治療には薬物療法や放射線療法が含まれますが、これらの治療法は卵巣機能に影響を与えることが知られています。38歳のAさんがもう一人子どもを希望している場合、妊孕性を維持するための対策が必要です。

聖路加国際病院では、リプロダクション外来と連携し、以下のようなサポートを提供しています:

これにより、患者さんは将来的に妊娠・出産する可能性を維持することができます。

遺伝カウンセリング

乳がん患者さんにとって、遺伝的要因が発症に関与している場合があります。特に家族内に乳がんの既往がある場合、遺伝カウンセリングを受けることが推奨されます。遺伝カウンセリングでは、遺伝性乳がんのリスクを評価し、必要に応じて予防的な治療や早期検査を行います。

対象者には、以下の方が含まれます:

聖路加国際病院では、遺伝子検査を提供し、遺伝性乳がんのリスク評価を行っています。

チャイルドサポート

乳がん患者さんが治療を受ける中で、子どもへの配慮も重要です。子どもが母親の病気について理解し、安心して生活できるようにするためのサポートが求められます。

聖路加国際病院では、「チャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)」が患者さんとその子どもへの支援を行っています。具体的には以下のようなサポートを提供しています:

CLSは、子どもの心のケアを専門とする資格を持つ専門家であり、患者さんとその家族が安心して生活するための支援を行います。

就労リング

治療中や治療後に仕事を続けたいと望む乳がん患者さんにとって、就労支援は重要な課題です。治療と仕事の両立を支援するために、聖路加国際病院では「就労リング」を開催しています。

就労リングでは以下の活動が行われます:

このようにして、患者さんは治療と仕事のバランスを保ちつつ、生活を続けるためのサポートを受けることができます。

ビューティーリング

抗がん剤治療による副作用である外見の変化に悩む患者さんに対して、美容のサポートを行います。治療中の見た目の変化を受け入れ、自信を持って生活できるように、美容の専門家が以下のようなケアを提供します:

シェイプアップリング

乳がん患者さんは治療により肥満になりやすく、肥満はがんの再発リスクを高めることが知られています。聖路加国際病院のシェイプアップリングでは、同じ境遇の仲間と一緒に運動を行い、栄養指導を受けることで肥満を予防し、健康を維持するサポートを行います。

がんサバイバーシップに関連する一般的な質問

1. がんサバイバーシップとは具体的に何を指すのですか?

回答:

がんサバイバーシップとは、がん治療を終えた患者さんの生活を多面から支援するための概念で、がん治療だけでなく、その後の生活を豊かにすることを目指した取り組みです。

説明:

従来のがん治療は、がんを治すことに主眼が置かれていましたが、現在では治療後の生活の質(QoL)を維持・向上させることが重要視されています。がんサバイバーシップでは、治療の副作用への対応、心理的なサポート、社会復帰支援など、多岐にわたる支援が提供されます。

ガイド:

2. 遺伝カウンセリングの必要性は何ですか?

回答:

遺伝カウンセリングは、がんの家族歴がある患者さんに対して、遺伝性がんのリスクを評価し、予防策や治療方針を提案するために必要です。

説明:

乳がんの約5〜10%は遺伝性であり、特に若い年齢で発症した場合や家族内に乳がん患者が多い場合は、遺伝カウンセリングを受けることで遺伝子変異のリスクを理解し、適切な対応が可能になります。遺伝カウンセリングによって、予防的手術や早期検査の計画を立てることができます。

ガイド:

3. がん治療中の就労支援はどのように行われるのですか?

回答:

がん治療中の就労支援は、治療と仕事の両立を支援するための取り組みであり、医療機関や専門家が患者さんの就労継続や復職をサポートします。

説明:

がん治療中の患者さんが仕事と治療を両立することは、多くの課題を伴います。治療の副作用や体調の変動により、働くことが難しくなることもありますが、適切なサポートを受けることで、仕事を続けたり復職することが可能です。

ガイド:

結論と推奨事項

結論

乳がん治療の進歩により、治療後の患者さんの生活を支えるサポートがますます重要になっています。聖路加国際病院のブレストセンターが行っている「がんサバイバーシップ」は、患者さんの治療後の生活を多岐にわたってサポートするための取り組みを行っています。妊孕性の温存、遺伝カウンセリング、チャイルドサポート、就労支援など、多角的なアプローチにより、患者さんが豊かで安心して生活を送ることができるようにしています。

推奨事項

参考文献

  1. 聖路加国際病院 ブレストセンターのがんサバイバーシップの取り組み
  2. 国立がん研究センターの報告書
  3. がん治療後の生活支援に関する科学研究