序論

胃がんは、日本において数少ない重篤な疾患の一つであり、特に高齢者に多く見られます。治療方法にはいくつかの選択肢がありますが、その中でも近年注目を浴びているのが腹腔鏡手術です。この手術法は、開腹手術と比較して患者への負担が少なく、術後の回復が早いというメリットがあります。そのため、多くの医療機関で採用されるようになってきています。

本記事では、胃がんの腹腔鏡手術に焦点を当て、その最新事情と今後の展望について詳しく説明します。具体的には、手術の方法、適応条件、術後のケア、利点、現在の課題、そして今後の進歩について取り上げます。記事全体を通じて、胃がんの腹腔鏡手術がどのように進化してきたのか、そして今後どのように発展していくのかを理解していただければと思います。

専門的な助言

この記事の情報は、國崎主税先生(横浜市立大学附属市民総合医療センター 副病院長、消化器病センター 外科 教授)のインタビュー及び信頼性の高い医療情報を基にしています。

胃がん腹腔鏡手術の方法

通常の方法

腹腔鏡手術とは、お腹に小さな傷をいくつか開け、そこから腹腔鏡(お腹の中を確認するための小型カメラ)や鉗子(手術で組織をつかんだり引っ張ったりするために使用する器具)などを挿入し、腹腔鏡が映し出す映像を確認しながら行う手術です。お腹を大きく切って行う開腹手術と比べて、傷が小さく、術後の痛みも少なくて済むなどの利点があります。

多くの病院で一般的に行われている腹腔鏡手術は、お腹に5つの穴を開けて行います。左右の側腹部に2箇所ずつ穴を開けて鉗子類を挿入し、お臍(へそ)に開けた穴から腹腔鏡を挿入します。そして、二酸化炭素ガスでお腹を膨らませて、お腹の中を見渡せるようにしてから手術を進めます。手術の最後には、上腹部を5㎝ほど切開して、そこから切り取った胃を取り出したり、吻合を行ったりします。

しかし、近年は上腹部の切開を行わないことが多くなっています。お臍は、すり鉢状にへっこんだ形状をしているため、2〜3㎝ほど小さく切開するだけで、めくり上がるように広がり、そこから胃を取り出すことが可能です。これにより、傷跡も目立ちにくくなります。

RPS(Reduced Port Surgery)

近年では、RPS(Reduced Port Surgery)という穴の数を減少させて行う腹腔鏡手術も普及してきており、これは傷跡がさらに少なくなるため、整容性に優れた方法です。この手術法では、お臍の部分を2.5〜4㎝ほど切開し、そこにマルチアクセスポートという複数個の穴が開いた機器を装着します。その穴から腹腔鏡や鉗子を挿入して手術を行います。また、12mmほどの切開創を右側腹部に作り、ここから鉗子や切開装置を操作します。

ただし、整容性が第一優先ではなく、手術の質を維持することが求められます。そのため、体格が良い患者でお腹の中の操作が難しくなると予想される場合には、従来の方法である5つの穴を開ける腹腔鏡手術が選択されることもあります。

胃の切除方法

胃の切除には、大きく分けて以下の3通りの方法があります。どの方法で手術を行うかは、がんの発生箇所によって選択されます。

胃がん腹腔鏡手術の適応

開腹手術を選択する場面

以下のような患者には、腹腔鏡手術が適応とならず、開腹手術が選択されることがあります。

高齢者でも可能な腹腔鏡手術

年齢による制約は基本的にありません。80代以上の高齢者でも全身機能を評価して問題がなければ、腹腔鏡手術を受けることが可能です。

手術中に開腹手術へ移行するケース

術前に早期胃がんと診断された場合でも、手術中にがんが胃壁の一番外側である漿膜(しょうまく)まで広がっていると判明した場合は、途中で開腹手術に移行します。これは、漿膜にまでがんが広がっている場合に、腹膜播種(ふくまくはしゅ)のリスクがあるためです。

胃がん腹腔鏡手術の術後

横浜市立大学附属市民総合医療センターの場合、腹腔鏡手術後、翌日から早期の離床と歩行を推奨しています。これは全身状態の早期回復や胃腸の運動を促進するために重要です。術後3日目には食事も開始できます。

胃がん腹腔鏡手術の利点

腹腔鏡手術には以下のような多くの利点があります。

これらの利点により、患者の日常生活への早期復帰が期待できます。

胃がん腹腔鏡手術の課題

しかし、一方で課題も存在します。腹腔鏡手術は非常に高い技術が求められるため、技術を習得することが難しい点があります。日本内視鏡外科学会の認定する「技術認定医」の資格を得るためには、厳しい試験に合格する必要があります。

胃がん腹腔鏡手術の今後の進歩

ロボット手術の導入

2018年4月からロボットを使った腹腔鏡手術が保険適用となり徐々に普及してきています。しかし、ロボット手術に頼りすぎず、まずは通常の腹腔鏡手術の技術をしっかりと習得することが重要です。

進行胃がんへの適応拡大

現在、進行胃がんに対する腹腔鏡手術の有用性を証明する研究が進行中です。この研究が成功すれば、腹腔鏡手術の適応はさらに拡大し、手術の選択肢が増えるでしょう。ただし、患者さんの身体的負担を軽減しながら、がん治療の質も維持していくためには、外科医の技術向上が必要です。

胃がん腹腔鏡手術に関連する一般的な質問

1. 胃がん手術後の生活はどのように変わりますか?

回答:

胃がん手術後の生活は個人差がありますが、一般的には食生活や運動習慣に注意が必要です。

説明:

手術後は胃の容量が減少するため、一度に大量の食事を摂取することが難しくなります。頻繁な少量の食事が推奨されます。また、消化機能が低下することがあるため、消化に良い食材を選ぶことも必要です。

ガイド:

2. 腹腔鏡手術と開腹手術の選択基準は何ですか?

回答:

腹腔鏡手術か開腹手術かの選択は、がんの進行度や患者の全身状態に基づいて決定されます。

説明:

早期胃がん(ステージIA、IB)の場合は、腹腔鏡手術が推奨されますが、進行胃がんや過去の開腹歴が多い患者には開腹手術が選ばれます。また、心肺機能が非常に悪い患者は、二酸化炭素ガスを使用する腹腔鏡手術が適さないため、開腹手術が行われることがあります。

ガイド:

3. ロボット手術のメリットとデメリットは何ですか?

回答:

ロボット手術は精密な操作が可能であり、手術の質を高めるメリットがありますが、コストが高いというデメリットもあります。

説明:

ロボット手術は、3Dビューでの精細な映像と微細な操作が可能なため、外科医の手技をより正確にサポートすることができます。しかし、機器のコストや手術費用が高額であるため、全ての患者に適用することが難しい点が課題です。

ガイド:

結論と推奨事項

結論

胃がんの腹腔鏡手術は、多くのメリットがあり、患者の生活の質を高める手術方法です。特に早期胃がんの治療には効果的であり、整容性も優れています。一方で、高度な技術が求められるため、術者の技量や経験が圧倒的に重要です。進行胃がんへの適応範囲拡大やロボット手術の導入など、未来に向けた発展も期待されています。

推奨事項

以上の点を考慮に入れ、患者にとって最適な治療方法を選択することが、胃がん治療における成功への道となります。

参考文献