序論

「脂肪吸引」と「糸リフト」という美容施術は、それぞれが異なる利点を持ち、個別に受けることが多いですが、最近ではこれらを同時に受けることが注目されています。顔のたるみや脂肪を同時に改善できることから、多くの人がこの組み合わせに興味を持っています。しかし、一度に2つの施術を受けることにはどんなメリットやデメリットがあり、どのような効果が期待できるのでしょうか。

本記事では、脂肪吸引と糸リフトに焦点を当て、同時に受けるメリットやデメリットについて詳細に解説します。また、どのような人にこの施術が適しているのか、併用することで得られる相乗効果についても言及していきます。この情報を通じて、顔の脂肪やたるみに悩む方々が自分に合った施術を選ぶ際の参考にしていただければ幸いです。

専門的な助言

本記事の内容は以下の信頼できる情報源を元に作成されています:
日本美容外科学会の報告書
厚生労働省の美容医療に関するガイドライン
医療機関の臨床試験結果や専門家の意見

顔の脂肪吸引と糸リフトの概要

顔に関する美容施術には多くの選択肢がありますが、脂肪吸引と糸リフトは特に人気があります。それぞれの施術について詳しく見ていきましょう。

顔の脂肪吸引とは?

顔の脂肪吸引は、皮下脂肪を取り除くためにカニューレという細い管を使って脂肪を吸引する施術です。この施術は顔の輪郭をよりシャープにし、スリムな顔立ちを実現します。脂肪細胞自体を取り除くため、効果は半永久的であり、リバウンドしにくいという特徴があります。

糸リフトとは?

一方、糸リフトは皮下に特殊な糸を挿入し、その糸を使ってたるんだ肌を引き上げる施術です。糸には溶けるもの(PDO、PDSなど)と溶けないもの(ポリエステル、シリコンなど)の2種類があり、目的や希望する効果によって使い分けられます。糸が肌内部でコラーゲンの生成を促すため、肌のハリや弾力も向上します。

顔の脂肪吸引と糸リフトを同時に受けるメリット

顔の脂肪吸引と糸リフトを同時に受けることで得られる様々なメリットについて詳しく見ていきましょう。

引き締まった仕上がりを目指せる

脂肪吸引だけでは、急激に脂肪が減ることで皮膚にたるみが出てしまうことがあります。しかし、同時に糸リフトを受けることでこのたるみを引き上げ、引き締まったフェイスラインを実現できます。この相乗効果により、よりシャープで若々しい印象を作り出すことが可能です。

  1. 脂肪吸引の小顔効果: 脂肪細胞の減少により、顔全体がスリムになります。
  2. 糸リフトの引き上げ効果: たるんだ皮膚をしっかりと引き上げ、張りのあるフェイスラインを実現します。

ダウンタイムが一度で済む

脂肪吸引だけまたは糸リフトだけを別々に受ける場合、それぞれにダウンタイムが必要です。しかし、同時に施術を受けることでダウンタイムを一度にまとめることができ、結果的に時間の節約になります。

脂肪吸引の効果をすぐに実感しやすい

脂肪吸引のみでは、施術後にたるみが出ることがあり、効果が実感しにくい場合がありますが、糸リフトを同時に受けることでたるみを即座に引き上げられるため、効果を早く実感できます。同時に施術することにより、即効性が高まるメリットがあります。

糸リフトの効果が長続きしやすい

脂肪吸引を先に行うことで顔の脂肪量が減り、その後に糸リフトを施すことで糸にかかる負担が軽減され、結果的に糸リフトの効果が長続きしやすくなります。

顔の脂肪吸引と糸リフトを同時に受けるデメリット

同時施術にはリスクもあります。以下に代表的なデメリットを挙げます。

施術後に痛みが出やすい

脂肪吸引と糸リフトを同時に受けると、施術後の痛みが強くなる可能性があります。特に圧迫固定が必要な脂肪吸引の場合、糸リフトのラインと干渉して痛みが強くなることがあります。

施術後のマッサージの方向や強さに気を付けなければならない

脂肪吸引後のマッサージは拘縮の予防に有効ですが、糸リフトの糸が馴染むまでマッサージは推奨されません。このため、施術後のマッサージには十分な注意が必要です。

各施術のリスクが起こり得る

各施術にはそれぞれリスクが伴います。同時に受けることで、リスクが相乗的に高まる可能性があります。

顔の脂肪吸引と糸リフトの併用が適している人

これらの施術が特に有効な人の条件を列挙します。

  1. すっきりとしたフェイスラインを求める人: 小顔効果が高いです。
  2. 脂肪とたるみの両方に悩んでいる人: 一度に問題を解決できます。
  3. 何度も施術を受けたくない人: ダウンタイムを一度にまとめることができます。

より長期的な引き締め効果を求めるならフェイスリフトとの併用もおすすめ

フェイスリフトとの併用も考える価値があります。フェイスリフトは切開により筋肉層を引き上げ、余分な皮膚を切除する施術です。それにより、たるみやシワの改善効果が高く、長期間持続します。

参考文献

  1. 日本美容外科学会. (2023). 美容外科ガイドライン.
  2. 厚生労働省. (2023). 美容医療に関するガイドライン.

この記事が、あなたが脂肪吸引と糸リフトについての理解を深め、最適な美容施術を選ぶ一助となれば幸いです。