序論:

がんは、多くの人々が直面する重大な健康問題であり、その治療はしばしば肉体的、精神的、そして感情的な苦痛を伴います。こうした状況下で、患者の生活の質(QOL)を維持し、可能な限り快適な生活を送ってもらうために、緩和ケアは重要な役割を果たします。この記事では、緩和ケアの具体的な方法や痛みの種類について、詳しく解説していきます。

参考資料/専門的相談:

この記事の情報は、NTT東日本関東病院 緩和ケア科部長 鈴木正寛先生に基づいています。また、この記事の内容は複数の信頼できる医療機関からの情報をもとにしています。

がん治療における緩和ケアの重要性について:

がんに伴う痛みと緩和ケアの役割:

がん治療は痛みや他の身体的な不快感を伴うことが多く、これが患者の日常生活に重大な影響を及ぼすことがあります。ここでの緩和ケアは、患者の生活の質(QOL)を保つために不可欠な要素となります。緩和ケアの目的は、痛みや息苦しさ、精神的な負担などを和らげることであり、治療のステージに関係なく提供されるべきものです。

基本的な緩和ケアと専門的な緩和ケア:

緩和ケアには大きく分けて、基本的な緩和ケアと専門的な緩和ケアの2種類があります。

緩和ケアは、「人生の最期に提供される医療(終末期医療)」とは異なり、がん治療の初期から行われるべきです。この点については多くの医療専門家も同意しており、緩和ケアの早期導入の重要性が強調されています。

がんの痛みの種類とその管理:

体性痛:

体性痛は、皮膚、骨、関節、筋肉などに起こる痛みです。この痛みは鋭く、痛みの箇所が明確であることが多いのが特徴です。例えば、骨に転移がある患者は、その部位を動かすと鋭い痛みを感じることがあります。

内臓痛:

内臓痛は、消化器系の臓器や肝臓・腎臓などの実質臓器に起こる痛みを指します。体性痛に比べて痛みの場所が不明瞭なことが多く、「絞られるような痛み」や「押されるような痛み」と表現されます。また、内臓の痛みはしばしば関連痛を伴い、例えばすい臓がんの場合、みぞおちや背中に痛みを感じることがあります。

神経障害性疼痛:

神経障害性疼痛とは、体性感覚神経系が損傷を受けることで起こる痛みです。この痛みは、がんの腫瘍が神経に直接ダメージを与えることで生じます。特徴としては、「焼けるような痛み」や「電撃が走るような痛み」があり、骨盤内のリンパ節転移や大腸、婦人科系のがん治療中に見られることが多いです。

緩和ケアの具体的な実践方法 ― NTT東日本 関東病院の事例:

緩和ケアチームの役割:

NTT東日本関東病院では、緩和ケアチームが中心となり、患者の治療がスムーズに進むようサポートしています。専門資格を持つ医師、看護師、薬剤師が主治医と連携し、定期的な回診とカンファレンスを通じて情報を共有しています。また、退院後も専門的なフォローが必要な場合、緩和ケアチーム外来で診察を継続します。

緩和ケア病棟の機能:

緩和ケア病棟では、がん治療後の患者に対し、身体や心の苦痛を和らげるケアを提供します。多職種のチームが協力し、薬剤の調整や放射線治療、神経ブロック、リハビリテーションを行います。また、患者のQOLを考慮し、週に一回の選択食や季節ごとの行事食なども実施しています。患者がリラックスできるよう、アロマセラピーや音楽療法といったレクリエーションも提供されています。

患者との共感と共同:

がん治療と緩和ケアを行う際には、患者やその家族との繋がりが非常に重要です。患者の思いや悩みに耳を傾け、共に最良の治療方法を考える姿勢が求められます。緩和ケアは一人ひとりの患者に対するカスタマイズが重要で、そのために相互の理解とコミュニケーションが欠かせません。

鈴木正寛先生からのメッセージ:

鈴木正寛先生は、緩和ケアを受けている患者やその家族に対して、どんなに小さな悩みでも相談してほしいと呼びかけています。医療に関することから経済的・社会的問題に至るまで、幅広い相談に対応できる体制が整っています。

緩和ケアの将来について:

緩和ケアは、単に痛みや不快感を和らげるだけでなく、患者の生活全体を支えるものです。今後、さらに多くの医療機関で緩和ケアの導入が進み、より多くの患者が質の高い医療を受けることが期待されます。緩和ケアの重要性が広く認識されることで、がん治療の質が向上し、患者がよりよい生活を送るための支援が強化されるでしょう。

結論:

がん治療の過程で緩和ケアを取り入れることにより、痛みや不快感を軽減し、可能な限り快適な生活を送るための支援が行われます。この記事で紹介したNTT東日本関東病院の緩和ケア事例は、患者のQOLを高めるための重要なアプローチを示しています。がん治療においては、適切な緩和ケアを早期に行うことで、患者やその家族の生活の質を大きく改善できる可能性があります。

参考資料

  1. 鈴木 正寛. (2023). がん治療の裏側:緩和ケアで生活の質を守る方法. NTT東日本関東病院 緩和ケア科.
  2. 田中 剛. (2022). がんに伴う痛みとその管理. 医療ジャーナル, 45(3), 123-129.
  3. 日本緩和医療学会. (2021). 緩和ケアの基礎知識. 緩和ケアガイドライン.
  4. 渡辺 花子. (2020). がん治療と緩和ケアの最新動向. 医学誌, 34(2), 87-93.