序論

埋没法は、手軽に二重を手に入れることができる方法として非常に人気があります。切開法に比べてダウンタイムが短く、メスを使わないので比較的痛みも少ないとされています。しかし、美容整形に関するネットやSNSの情報を見ると、埋没法の「糸が出てきた」や「糸が取れやすい」というトラブルを目にすることも少なくありません。このような問題を知ると、これから手術を考えている人や、既に手術を受けた人は不安になることでしょう。

この記事では、埋没法で本当に糸が出てくることがあるのか、その原因や対策を中心に紹介します。また、糸が取れてしまった場合の具体的な対処法についても解説します。

専門的な助言

この記事で取り上げた情報やアドバイスは、実際に使用された専門家や信頼性のある情報源に基づいて提供されています。具体的な情報源は以下の通りです:
日本形成外科学会
日本美容外科学会
– 医療専門文献や報告書

埋没法の糸が顔に出てくることはあるのか?

埋没法の手術方法

埋没法は、細い針と糸を用いて瞼(まぶた)とその内部の組織を結びつけることで二重を作る方法です。この手術には主に「挙筋法」と「瞼板法」の2種類があります。挙筋法はまぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)に糸をかける方法で、瞼板法はまぶたの内側にある硬い軟骨組織(瞼板)に糸をかける方法です。それぞれ利点と欠点がありますが、共通しているのはメスを使わないため、ダウンタイムが短く、手軽に受けられる点です。

糸が出てくる原因

基本的に埋没法の糸が出てくることは非常に稀ですが、以下のような状況でリスクが高まることがあります:

これらの要因によって糸が緩んだり、出てきたりすることがあります。

埋没法の持続期間

埋没法の持続期間は個人差がありますが、一般的には4~5年とされています。しかし10年以上維持できる人もいれば、数か月で取れてしまう人もいます。これは瞼の厚み、皮膚の質、生活習慣などに大きく影響されます。

埋没法の糸が取れやすいケース

糸の留め方に問題がある

埋没法で留める糸が緩く結ばれている場合、取れやすくなります。この原因は医師の技術や経験不足によることが多いです。確かな技術を持った医師による手術が必要です。

幅広の二重デザイン

幅広の二重を希望する人は要注意。瞼の厚みが増すと、糸が保持する力も弱くなります。まつ毛の際よりも上の部分は脂肪が多く、取れやすくなる傾向があります。

まぶたが分厚い

瞼の脂肪が多いと、糸で二重を固定することが難しくなります。このような場合は、まず脂肪を除去する手術を受けてから埋没法を行うか、あるいは切開法を検討することが推奨されます。

まぶたをよく擦る癖

まぶたを頻繁に擦る癖があると、糸が徐々に緩んで取れやすくなります。花粉症やアレルギーがある場合は、その時期を避けて手術を受ける方が良いでしょう。また、濃いアイメイクやウォータープルーフのマスカラを使用する際は、クレンジングに気を付けてまぶたに強い摩擦を与えないようにしましょう。

急激な体重増加

体重が増加すると、まぶたの脂肪も増えるため、埋没法の糸が保持する力が不足し取れやすくなります。日常的に体重管理を行うことが重要です。

埋没法の糸が取れる前兆

埋没法が取れる前には以下のような前兆があります:
– 二重のラインが薄くなる
– 幅が狭くなる
– 三重になる
– まぶたが重く感じる

これらの兆候が見られた場合は、早めにクリニックに相談することが推奨されます。

埋没法の糸が取れたときの対処法

クリニックに相談

糸が出てきたり、取れたりした場合は最優先でクリニックに相談しましょう。自己判断で問題を解決しようとすると、状況が悪化する恐れがあります。

クリニックで抜糸

糸が取れた場合は医療用の糸であるため、まぶたに入ったままでも問題はありません。しかし、抜糸を行った方が後々のトラブルを防げます。糸が見えたり出てきたりした場合も、クリニックに任せることが安全です。

保証内容を確認

手術を受けたクリニックによっては、保証がついていることがあります。取れた場合の再手術が無料で受けられることもあるので、詳細を確認しておくと良いでしょう。

切開法という選択肢

埋没法が合わない場合、永久的に二重を得たい場合は切開法も検討する価値があります。切開法はメスを使って行うため、ダウンタイムが長くなりますが、二重が半永久的に持続するという利点があります。

切開法の種類とメリット

切開法には「全切開」と「ミニ切開」の2種類があります。全切開はしっかりとした二重を作るのに対して、ミニ切開は腫れが少ないという特徴があります。

どちらの方法を選ぶかは、医師とのカウンセリングで決めると良いでしょう。

結論と推奨事項

結論

埋没法は手軽に二重を手に入れることができる反面、糸が取れたり、出てきたりするリスクがあることを理解する必要があります。糸が取れやすい原因や対処法を知っておくことで、万が一のトラブルに対処しやすくなります。

推奨事項

参考文献

以上が、埋没法に関する全ての情報です。手軽に二重を手に入れたい方にとって、埋没法は魅力的な選択肢ですが、適切な情報を持って自己管理を行うことが重要です。