序論: インフルエンザと子どもの健康

インフルエンザは毎年多くの人々を苦しめる病気ですが、特に子どもや高齢者にとっては重症化のリスクが高い危険な感染症です。親として、自分の子どもをインフルエンザから守る方法を知ることは非常に重要です。この記事では、インフルエンザについての基本的な情報や、ワクチン接種の重要性、副反応への心配、そしてどのように対策を講じるべきかについて、包括的に解説します。


インフルエンザの予防:過去と現在の状況

コロナ禍に影響を受けたインフルエンザの流行

新型コロナウイルスの流行により、過去の2シーズン(2020年~2021年、2021年~2022年)にわたってインフルエンザの感染者数が劇的に減少しました。この要因として、以下の点が挙げられます。

  1. マスクの着用と手指消毒:
    新型コロナウイルス対策として広がったマスクの着用や手指消毒の習慣が、インフルエンザウイルスの拡散も抑制しました。
  2. 人流の制限:
    国際的な移動が大幅に減少したことで、インフルエンザウイルスが日本に持ち込まれる機会が減りました。
  3. ウイルス間の干渉作用:
    一部の研究では、新型コロナウイルスの流行により他のウイルスの流行が抑えられる現象が報告されています。

今後の流行予測

2022~2023年シーズンに向けて、インフルエンザの流行が再び増加する可能性が指摘されています。オーストラリアでは既に流行が確認されており、日本でも同様の傾向が見られるかもしれません。


子どものインフルエンザ対策の重要性

インフルエンザが重症化すると合併症を引き起こし、最悪の場合死に至ることもあります。以下に、特に子どもに懸念される重い合併症を挙げます。

インフルエンザ脳症

脳症はインフルエンザ感染による脳の炎症が急速に進行し、意識障害やけいれんなどの深刻な症状を引き起こします。死亡率は約8~9%、後遺症の発生率は約25%とされています。

心筋炎

インフルエンザウイルスが心臓の筋肉に炎症を起こし、心機能が低下します。症状が進行すると胸痛や呼吸困難が現れ、最悪の場合命を落とすこともあります。

肺炎と急性呼吸窮迫症候群(ARDS)

インフルエンザウイルスが肺に感染し、重篤な肺炎やARDSを引き起こすことがあります。ICUでの治療が必要となるケースも少なくありません。

健康な子どもでも重症化するリスク

基礎疾患を持たない健康な子どもであっても、重症化するリスクはゼロではありません。前日まで元気だった子どもが急に重篤な症状を示すこともあるため、予防策をしっかりと講じることが重要です。


インフルエンザ予防の具体的な方法

日常の感染予防対策

新型コロナウイルス感染症と同様の感染予防対策を継続することが、インフルエンザ予防にも有効です。

ワクチン接種の重要性

インフルエンザワクチンは、感染予防効果と重症化予防効果の両方を持ちます。接種を受けた人の入院予防効果は76%と報告されており、流行のピークを迎える前に早めに接種することが推奨されます。

ワクチン接種は、例年12月頃からの流行に備えて、11月頃までに済ませることが理想的です。


ワクチン接種に関するよくある質問

インフルエンザワクチンの接種はいつまでに済ませるべき?

ワクチンの効果が現れるまでには約2週間が必要です。したがって、インフルエンザの流行が始まる前の11月頃までに接種を済ませることが望ましいです。

ワクチンの副反応は?

ワクチン接種後、接種部位の痛みや腫れ、赤みが生じることがありますが、これらは通常2~3日で自然治癒します。まれにアナフィラキシー反応が起こることがありますが、適切な医療機関で対処できます。

卵アレルギーでも接種できる?

インフルエンザワクチンは鶏卵由来ですが、アレルギー反応を引き起こす成分がごく微量しか含まれていないため、卵アレルギーがあっても接種は可能です。ただし、重度のアレルギー症状を持つ場合は、医師に相談してから接種してください。

接種できない人は?

明らかな発熱がある場合や急性疾患にかかっている場合、また過去にインフルエンザワクチンでアナフィラキシー反応を起こした人は接種を控えるべきです。

費用は?

インフルエンザワクチンの費用は、医療機関によって異なりますが、1回あたり3,000~5,000円程度です。自治体によっては助成制度があるため、確認してください。


結論と推奨

インフルエンザの予防は、子どもを健康に育てるためにも重要です。特に小児感染症を専門とする医師からの意見を聞くことで、ワクチン接種の重要性が理解できると思います。インフルエンザから子どもを守るために、定期的なワクチン接種を常識として取り入れ、日常の感染予防対策を継続することを心がけましょう。


参考資料

[1] Australian Influenza Surveillance Report – 2022 Influenza Season in Australia – URL
[2] 厚生労働省 インフルエンザ脳症研究班 「インフルエンザ脳症ガイドライン【改訂版】」 – URL
安全で健康な冬を迎えるために、しっかり準備を進めましょう。