序論

子どもの生活の中で、思いもよらない突発的な動作や事故は避けられません。「手を引っぱったら腕が動かなくなった」「肘の痛みから腕を動かせない」といった状況に遭遇したことのある親御さんも少なからずいるでしょう。その症状の一つに、「肘内障」と呼ばれる状態があります。この疾患は小児に多く見られ、肘の輪状靭帯と橈骨頭がずれかける「亜脱臼」の一種です。本記事では、国際医療福祉大学成田病院 救急科部長の志賀隆先生から得た情報をもとに、肘内障について詳しく掘り下げていきます。

参考文献/専門的な助言:

肘内障とは何か?

肘内障は特に1歳未満から6歳くらいの小児に多く発生する疾患として知られています。この年齢層の子どもたちは、まだ輪状靭帯が完全に発達していないため、簡単に肘の亜脱臼を引き起こしてしまいがちです。志賀隆先生も実際に診療経験を持ち、多くの事例を見てきました。

肘内障の定義

肘内障とは、肘の輪状靭帯と橈骨頭が外れかける亜脱臼のことで、特に手を引っ張った際に発症しやすいと言われています。医学的には「回内法」や「回外・屈曲法」といった整復手段を用いて、肘を元の位置に戻すことが一般的です。

症状と診断のポイント

肘内障の特徴的な症状には、以下があります:

一見しただけで肘内障かどうかを見分けるのは容易ではありませんが、「感覚」「運動」「循環」が正常であるかどうかを確認することで、ある程度の目処を立てることができます。

肘内障の原因

肘内障は、お母さんやお父さんが子どもの手を引っ張った時や、子どもが自分で腕を伸ばして体重をかけた時、転んだ時などに起こることが多いです。以下に典型的な原因をまとめます。

手を引っ張ったとき

約50%の肘内障は親が子どもの手を引っ張ったことが原因と言われています。このようなケースでは、突然の動きに対応できず、肘関節が外れてしまいます。

転倒や打撲

残りの50%は、転んで手をついた時や、腕をひねった時、肘を打った時などに発生します。いずれも瞬間的な力が肘関節に加わることが原因です。

肘内障と骨折の違い

肘内障と骨折は症状が似ているため、専門的な診断が必要です。以下に、両者の相違点を示します。

症状の違い

診断方法

医師が肘内障を疑う際には、以下のステップを踏みます:

  1. 感覚と運動機能を確認
  2. 錯覚や色の変化をチェック
  3. 保護者の同意のもと整復を試みる

骨折を疑う場合には、レントゲン検査が行われます。

肘内障の整復方法

整復には二つの主要な方法があり、志賀隆先生が推奨する「回内法」と「回外・屈曲法」があります。

回内法

回内法は、前腕を内側に倒しながら圧をかける方法で、成功率が高いとされています。この方法は特に最初に試みるべき整復手段として推奨されています(Pediatrics. 1998 [PMID:9651462])。

回外・屈曲法

回外・屈曲法は、前腕を外側に倒して肘を曲げる方法です。回内法が失敗した場合に使用されます。

成功のサイン

成功した際には、「プチッ」といった音が確認され、少しの痛みが生じるため、子どもが泣くことが多いです。この反応は整復が成功した合図とも言えます。

発症後の注意と再発対策

発症後のケア

発症後すぐの遊びや運動は控えることが推奨されます。公園や保育園などのアクティブな環境から少し離れた方が安全です。

再発防止

肘内障の再発を防ぐためには、「手を引っ張らない」ことが重要ですが、この実践は難しいのが現実です。できるだけ注意を払い、同じ動作を繰り返さないよう心掛けましょう。

肘内障と大人

基本的には8歳を過ぎると輪状靭帯の発達が進み、肘内障のリスクは減少します。しかし、稀に大人でも発症するケースが報告されています。志賀隆先生が診察した20歳以上の患者も存在しましたが、大多数は小児期に発生する疾患です。

おわりに

肘内障は、親御さんにとって非常に心配な状態ですが、適切な診断と治療を受ければ回復が望めます。基本的な知識を持ち、冷静に対応することが重要です。

よくある質問

1. 肘内障の再発は防げるのか?

回答:

完全に防ぐのは難しいですが、手を引っ張らないよう努めることが最善の予防策です。

説明:

肘内障は意図せず発生することが多く、再発防止は簡単ではありません。だが、既に経験のある場合は特に注意が必要です。

ガイド:

普段から柔らかい触り方や注意深い動きが鍵となります。また、家族全員でその意識を持ち続けることも大切です。

2. 肘内障は一度治っても再発するのか?

回答:

はい、特に輪状靭帯が発達していない幼少期には再発する可能性があります。

説明:

再発のリスクは成長するにつれて低くなります。しかし、小さいうちは常にリスクが伴うため、繰り返し注意が必要です。

ガイド:

デリケートな触り方や、極力手を引っ張らないようにする工夫が推奨されます。

3. 肘内障と骨折の違いは何ですか?

回答:

肘内障は激しい痛みを伴わず、骨折は常に痛みがあります。また、骨折は腫れる傾向があります。

説明:

肘内障の場合、動かさない限り痛みは少ないですが、骨折では常に痛みが続きます。診断にはその違いを見極めることが重要です。

ガイド:

疑わしい場合は速やかに医療機関を受診し、適切な判断を仰ぎましよう。

4. 肘内障が疑われる時の初期対応は?

回答:

肘内障が疑われる場合には動かさず、速やかに医療機関を受診することが最優先です。

説明:

誤った処置や無理な動作は症状を悪化させる可能性があるため、医師の指示を仰ぐ必要があります。

ガイド:

焦らず冷静に対応し、自分で治そうとせず、速やかに専門の医療機関へ行きましょう。

5. 肘内障の治療は痛みを伴うのか?

回答:

整復の際に軽い痛みが生じますが、適切な処置で痛みは抑えられます。

説明:

適切な整復方法を用いれば、無駄な痛みを最小限に抑えることができます。

ガイド:

適切な医療機関での治療が推奨されます。医師に整復方法について相談し、最善の方法を選んでください。

結論と推奨事項

結論

肘内障は小児によく見られる亜脱臼であり、適切な診断と治療により完治します。親としては、そのリスクと対処法を理解し、冷静に対応することが求められます。肘内障の特徴や具体的な対処方法を知っておくことで、万が一の際にも落ち着いて行動することが可能となります。

推奨事項

参考文献

  1. 国際医療福祉大学成田病院 救急科部長 志賀隆先生のインタビュー
  2. Pediatrics. 1998 [PMID:9651462]

肘内障は早期診断と適切な治療が肝要です。親として、適切な知識と対応策を身につけておくことが、子どもの健康と安心に繋がるでしょう。