序論

感染性心内膜炎とは、心臓の内膜や弁が細菌に感染する病気です。発症すると心臓の弁が破壊され、全身にさまざまな症状を引き起こします。この病気は、心臓弁膜症や人工透析をしている方、静注薬物常習者など、特にリスクの高い人々がいます。治療には抗菌薬の投与や手術が必要ですが、早期発見が鍵となります。今回は、感染性心内膜炎の症状、原因、診断方法、治療法について詳しく解説します。

専門的な助言

この記事では、 横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科部長 安達晃一先生 の意見を参考にしています。情報の透明性を確保するため、使用した参考文献や専門家の名前を明記します。

感染性心内膜炎の概要

感染性心内膜炎は、心臓の内膜や弁に細菌が感染し、重篤な症状を引き起こす病気です。細菌が血流に乗って全身に広がり、致命的な合併症を引き起こすこともあります。この病気は診断が難しく、長期間続く原因不明の発熱が特徴です。以下では、この病気の主な特徴について詳しく説明します。

心臓内の疣贅の形成

感染性心内膜炎は、心臓の弁や内膜に細菌が感染し、 疣贅(ゆうぜい)と呼ばれる細菌の塊が形成されることによって引き起こされます。この疣贅が弁の機能を侵害し、全身に広がることでさまざまな症状を引き起こします。

全身に影響を及ぼす合併症

感染性心内膜炎は、ただ心臓のみに留まる病気ではありません。細菌が全身に広がり、 敗血症塞栓症 を引き起こします。敗血症は全身の多くの臓器に障害を引き起こし、塞栓症は血管が詰まることで脳梗塞や腎梗塞などを引き起こします。

感染性心内膜炎を発症しやすい人々

感染性心内膜炎は、誰でも発症する可能性のある病気ですが、特にリスクが高い人々がいます。このセクションでは、感染性心内膜炎を発症しやすい特定のグループについて詳しく説明します。

先天性心疾患や心臓弁膜症がある方

先天性心疾患心臓弁膜症 を持っている方は、心臓内の血流の異常(ジェット)により、細菌感染が起こりやすくなります。具体的な疾患としては、 心室中隔欠損症大動脈二尖弁 などがあります。

人工透析をしている方

慢性腎臓病 により 人工透析 を行っている方も、感染性心内膜炎のリスクが高まります。人工透析に伴う血液の処理が、細菌感染のリスクを高めるからです。

静注薬物常習者

日本では少ないですが、海外では 麻薬の静脈注射 による感染性心内膜炎の発症例が多くあります。これは静注薬物常習者が不潔な環境で注射を行うためです。

感染性心内膜炎の原因

感染性心内膜炎の原因は多岐にわたりますが、最も一般的には、 歯科治療歯周病 などがきっかけとなることが多いです。このセクションでは、その主な原因について詳しく解説します。

歯科治療や歯周病が原因となる場合

歯科治療や 歯周病 により、口腔内の細菌が血中に入り、心内膜に感染を引き起こします。特に レンサ球菌 が原因となることが多く、これが感染性心内膜炎を引き起こします。

その他の原因

その他、感染した傷口や手術後の感染なども原因となることがあります。日常生活での細菌感染にも注意が必要です。

感染性心内膜炎の症状

感染性心内膜炎の症状はさまざまですが、主な症状として 持続的な発熱心不全塞栓症 などが挙げられます。このセクションでそれぞれの症状について詳しく説明します。

持続する発熱

感染性心内膜炎 の最も典型的な症状は、数週間から数か月にわたる発熱です。風邪のような一時的な発熱ではなく、原因不明の長期的な発熱が続く場合、感染性心内膜炎を疑う必要があります。

弁の機能不全による心不全症状

心臓の弁の機能が細菌感染により損なわれると、 心不全 の症状が現れます。具体的には、 息苦しさ疲労感 などが挙げられます。

塞栓症

心臓の弁に付着した細菌の塊(疣贅)が血流に乗って全身に広がると、 塞栓症 (血管が詰まる症状)を引き起こすことがあります。手足の指先に痛みを伴う皮疹や目の網膜の炎症などが見られることがあります。

感染性心内膜炎の検査

感染性心内膜炎の診断には、主に 血液検査心臓超音波検査 を行います。このセクションでは、それぞれの検査方法について詳しく説明します。

血液検査

感染性心内膜炎が疑われる場合、 血液検査 を行い、白血球数や炎症反応(CRP)の上昇を確認します。また、血液中の細菌を調べるために 細菌培養同定検査 を実施します。

心臓超音波検査

心臓内の感染を確認するために、 心臓超音波検査 を行います。この検査で、心臓の弁に付着した 疣贅 の存在を確認します。

感染性心内膜炎の治療

感染性心内膜炎の治療は主に 抗菌薬治療手術治療 に大別されます。このセクションでは、それぞれの治療方法について詳しく説明します。

抗菌薬による内科的治療

感染性心内膜炎の治療の基本は、 抗菌薬 の投与です。通常、入院して4〜6週間にわたり、原因となる細菌に合わせた抗菌薬を投与します。抗菌薬が効果を示せば、その後の治療は必要ありません。

手術治療

抗菌薬治療が効果を示さない場合や、 弁の機能不全 が進行した場合、 手術治療 が必要となります。手術は、悪化した弁を 人工弁 に交換する 弁置換術 や、 弁形成術 を行います。疣贅の切除も同時に行われます。

感染性心内膜炎に関連する一般的な質問

このセクションでは、感染性心内膜炎に関連する一般的な質問に対して回答を提供します。

1. 感染性心内膜炎の予防方法はありますか?

回答

はい、感染性心内膜炎は予防することが可能です。特に、リスクが高い方は注意が必要です。

説明

感染性心内膜炎の発症を防ぐためには、以下の点に注意する必要があります:

  1. 歯科衛生の徹底:口腔内の清潔を保つことが非常に重要です。特に歯周病の予防は感染性心内膜炎のリスクを減少させます。
  2. 抗菌薬の予防投与:抜歯や歯科治療時には抗菌薬の予防投与が推奨される場合があります。
  3. 感染源の早期発見と治療:感染が疑われる場合には早期に適切な治療を受けることが重要です。

ガイド

口腔内の清潔を保つために、日々のブラッシングや定期的な歯科検診を受けることをお勧めします。また、抜歯や歯科治療を受ける予定がある場合は、事前に医師に相談しましょう。

2. 感染性心内膜炎はどのように診断されますか?

回答

感染性心内膜炎の診断には、血液検査や心臓超音波検査が用いられます。

説明

血液検査では、白血球数や炎症反応の値が上昇しているかどうかを確認します。また、細菌培養同定検査により血液中の細菌を調べます。心臓超音波検査では、心臓の弁に付着した疣贅の存在を確認し、感染の程度を評価します。

ガイド

原因不明の発熱が続く場合や心不全の症状が現れた場合は、早めに医療機関を受診し、血液検査や心臓超音波検査を受けることをお勧めします。

3. 感染性心内膜炎の治療にはどれくらいの期間がかかりますか?

回答

感染性心内膜炎の治療期間は、通常4〜6週間です。

説明

感染性心内膜炎の治療には、原因となる細菌に応じた抗菌薬の投与が必要です。通常、入院して投与される期間は4〜6週間で、その間に細菌が根絶されることが期待されます。抗菌薬治療が効果を示さない場合や弁の機能不全が進行した場合には、手術治療が必要となります。

ガイド

治療期間中は医師の指示に従い、規則的な生活を送ることが重要です。治療が長期に渡る場合もあるため、家族や友人のサポートを受けることも大切です。

結論と推奨事項

結論

感染性心内膜炎は、心臓内膜や弁に細菌が感染することによって発症する重篤な病気で、全身にさまざまな合併症を引き起こす可能性があります。早期発見と適切な治療が重要で、特にリスクの高い人々は予防策を講じることが求められます。持続する発熱や心不全の症状がある場合は、早めに医療機関を受診することが推奨されます。

推奨事項

  1. 口腔衛生の徹底:歯周病の予防は感染性心内膜炎のリスクを減少させます。定期的な歯科検診を受け、口腔内を清潔に保ちましょう。
  2. 早期診断と治療:原因不明の発熱や心不全の症状が現れた場合は、早めに医療機関を受診し、適切な検査と治療を受けることが重要です。
  3. 抗菌薬の予防投与:抜歯や歯科治療時には、事前に医師に相談し、必要に応じて抗菌薬の予防投与を受けましょう。

感染性心内膜炎は非常に重篤な病気ですが、早期に発見し、適切な治療を受ければ回復が期待できます。読者の皆さんがこの記事を参考にして、感染性心内膜炎についての知識を深め、予防策を講じることを願っています。

参考文献

  1. 安達晃一先生のインタビューで提供された情報。
  2. 横須賀市立うわまち病院 心臓血管外科のデータ。