序論:

こんにちは、この記事に関心を持っていただきありがとうございます。この記事では「直腸がん」の治療の一環として注目されている「経肛門的腹腔鏡下手術」について詳しくご説明します。がん治療方法の選択は時として難しく、特に「肛門温存」の観点から患者さんの選択肢が広がってきています。

直腸がんは大腸がんの一種で、肛門に近い直腸に発生するため、その治療には特別な技術が求められます。腹腔鏡下手術は広く用いられていますが、骨盤の奥深くに位置する直腸に対する手術は非常に難易度が高いです。そこで、より安全で確実な治療法として「経肛門的腹腔鏡下手術」が登場しました。直腸がん治療に関する最前線の技術と知識を探求しましょう。

参考資料/専門的相談:

この記事では、関西医科大学医学部の消化管外科学講座の主任教授である渡邉純先生による情報を基にしています。

経肛門的腹腔鏡下手術の挑戦

直腸がんと腹腔鏡下手術の難題

腹腔鏡下手術は、腹部に小さな切り口を作り、そこから内視鏡や手術器具を挿入して行われる手術方法です。この方法は通常の開腹手術よりも侵襲が少なく、回復が早いため、多くの患者さんにとって好ましい選択肢となっています。しかし、直腸がんに対する腹腔鏡下手術は、直腸の位置や解剖学的な制約から非常に難しいとされています。

直腸は骨盤の奥深くに位置しており、手術を行うために鉗子を挿入するとき、その角度が直腸の向きと直角になるため、操作が困難になります。また、次のような患者さんでは特に腹腔鏡下手術が難しくなります:

このような背景から、直腸がんに対する新しい手術方法の探索が進められてきました。経肛門的アプローチを組み合わせた「経肛門的腹腔鏡下手術」こそが、その解決策の一つなのです。

経肛門的直腸間膜切除術(TaTME)とは?

TaTMEの基礎知識

経肛門的直腸間膜切除術(TaTME)は、直腸がんに対する新しいアプローチであり、経肛門と腹腔の2つの方向から手術を行います。経肛門的手術は、お尻から内視鏡や手術器具を挿入し、腫瘍を直接確認しながら切除する方法です。

この手術では、2つのチームが一緒に作業を行います。一方のチームは腹腔側から、もう一方のチームは肛門側から手術を進め、両方のアプローチを組み合わせて、最適な視認性と手術精度を確保します。

TaTMEの適応と利点

適応の範囲

TaTMEの適応範囲は施設により異なりますが、肛門から6cm以内に腫瘍が存在するケースでの適用が多いです。経肛門からのアプローチで距離が近いため、腫瘍までの正確な到達が可能です。また、各機関でのステージや腫瘍の数、大きさによる適応範囲が異なるため、主治医に相談することが重要です。

TaTMEの利点

TaTMEの最大の利点は、特に肛門温存が期待できる点です。がんが肛門に浸潤していない場合、腫瘍から一定の範囲で安全な形で肛門を温存することが可能です。そのため、ストーマ(人工肛門)を作成せずに済む患者さんも多くいます。

また、この手術は以下の条件下でも効果的とされています:

TaTMEの意外なデメリット

手術のリスクと困難点

一方で、TaTMEにはいくつかのデメリットも存在します。特に、肛門から内視鏡を挿入する際の角度や操作の難しさから、尿道や自律神経を損傷するリスクがあります。特に男性では、泌尿器系への影響が大きいため、術者の高度な技術が求められます。

TaTMEの未来と技術の進化

ロボット技術の導入

将来的には、腹腔鏡手術やTaTMEにロボット技術が導入されることが期待されています。ロボットを使用することで、更なる精度と安全性を確保し、手術の成功率を高めることが可能となります。2チーム体制での手術も、ロボット技術によってさらに効率的になるかもしれません。

まとめ

治療を受ける前に

直腸がんの治療においては、手術方法の選択だけでなく、患者さん自身の意向やライフスタイルの考慮が重要です。治療方法の選択は主治医との十分な話し合いの後に行うべきです。経肛門的腹腔鏡下手術(TaTME)は、特に肛門温存を希望する患者さんにとって大きな選択肢となり得ます。

直腸がん治療の一環としてTaTMEを検討する場合は、必ず経験豊富な専門家のもとで行うことをお勧めします。

推奨

最後に、治療を受ける際は、必ず以下の点に注意してください。

この記事が皆様の直腸がん治療に対する理解を深め、適切な治療法の選択に役立つことを願っています。

参考資料

  1. 渡邉純 – 横浜市立大学附属市民総合医療センター消化器病センター 外科 准教授

  2. Medical Note – 医療専門サイト https://medicalnote.jp/

  3. 関西医科大学附属病院 – 消化器外科 https://medicalnote.jp/hospitals/161691