序論

こんにちは。今日は、あなたが月経時に感じている不快な症状についてお話ししましょう。特に月経痛や過多月経に悩まされている方は多いと思いますが、その背後に「子宮腺筋症」という疾患が潜んでいるかもしれません。この病気は、単なる月経痛や過多月経だけでなく、不妊症にまでつながる可能性があります。この記事では、子宮腺筋症の症状、原因、診断、治療について詳しく説明し、あなたがこの病気について理解を深め、適切に対処するための情報を提供します。

参考資料/専門的相談

この記事のアドバイスには、熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学の教授である片渕 秀隆先生をはじめ、多くの専門家の意見を参考にしています。また、くまもと森都総合病院などの医療機関からの情報も含まれています。

子宮腺筋症とそのメカニズム

子宮腺筋症とは、子宮の平滑筋層内に子宮内膜組織が侵入し、月経時にその部分でも出血が繰り返される疾患です。これにより、激しい月経痛や過多月経が生じます。さらに、不妊の原因となることもあります。

子宮の役割と月経のメカニズム

子宮は主に平滑筋という筋組織で構成されており、これが収縮したり伸び広がったりすることで、月経や妊娠のための機能を果たします。妊娠に至らなかった場合、次の妊娠に備えて子宮内膜をリセットするために、子宮が収縮して血液とともに子宮内膜を排出します。これが月経です。

子宮腺筋症の発生メカニズム

通常、子宮内膜は子宮の内側にのみ存在しますが、子宮腺筋症ではこれが子宮壁の筋組織内に侵入します。侵入した内膜組織は、通常の子宮内膜と同様に月経のたびに出血を繰り返すため、激しい痛みや過多月経が生じます。これが子宮腺筋症のメカニズムです。

子宮腺筋症の原因とリスク要因

子宮腺筋症の原因はまだ完全には解明されていませんが、いくつかの仮説があります。

発生原因

以前は、妊娠中に大きく伸び広がった子宮が出産後に元の大きさに戻る際に内膜を巻き込むことで発生すると考えられていました。しかし、現代では20代から30代の若い女性にも増えているため、この仮説だけでは説明がつきません。

リスク要因と発症年齢

子宮腺筋症と類似した疾患に子宮内膜症があります。子宮内膜症は子宮内膜が子宮外へ広がる疾患で、子宮腺筋症と似た症状を引き起こします。これらの疾患は、遺伝的要因、ホルモンバランスの乱れ、免疫系の異常などが関与していると考えられています。

子宮腺筋症の症状

子宮腺筋症の症状は主に以下の3つです。

1. 月経困難症(激しい月経痛)

子宮腺筋症の最も一般的な症状は、月経時の激しい痛みです。痛みがひどくて日常生活に支障をきたすこともあります。この痛みは腹痛や腰痛だけでなく、肛門の痛みを伴うこともあります。

2. 過多月経

月経時の出血量が通常よりも多くなることも子宮腺筋症の特徴です。月経期間中の出血量が50~150mlを超える場合、不安を感じている方は多いでしょう。特に夜用のナプキンでも1時間も持たない場合や、2~3日目のピークを過ぎても出血が多い場合は要注意です。

3. 不妊症

子宮腺筋症は不妊症の原因となることもあります。子宮内膜そのものに問題がなければ妊娠は可能ですが、子宮の柔軟性が低下しているため、流産や早産のリスクが高まります。

子宮腺筋症の検査方法

子宮腺筋症の診断にはいくつかの検査方法があります。

内診

産婦人科での内診は、子宮の大きさや硬さ、痛みの有無を確認するための基本的な検査です。

超音波断層法検査

経腟式の超音波検査では、子宮内膜や子宮壁、卵巣の状態を確認します。子宮壁が厚くなっている場合は子宮腺筋症の疑いがあります。

血液検査

血液中のCA125というマーカーの値が上昇している場合、子宮腺筋症を含む婦人科疾患が疑われます。

MRI検査

子宮腺筋症の診断に最も有効とされるのがMRI検査です。子宮壁内に斑点状の病変が確認できます。

子宮腺筋症の治療法

子宮腺筋症の治療方法には、薬物療法と手術療法があります。

薬物療法

症状が軽い場合には、鎮痛剤やホルモン療法が用いられます。低用量のピルや黄体ホルモンで月経痛や過多月経を軽減しますが、治療を中止すると元の状態に戻ります。

手術療法

手術により子宮腺筋症の病巣を取り除く方法です。病巣を含めて子宮全体を摘出する子宮全摘出術や、病巣のみを摘除する手術があります。

子宮腺筋症と妊娠

子宮腺筋症による症状が妊娠や出産後に改善することはありますが、再発する可能性も高いです。妊娠を希望する場合は、専門医と相談することが重要です。

子宮腺筋症が疑われる場合は専門医に相談を

月経の痛みや出血の程度は自己判断が難しいため、専門医の診断を受けることが大切です。痛みや出血が日常生活に支障をきたしている場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

問題に関するよくある質問

1. 子宮腺筋症は治るの?

答え

子宮腺筋症は完全に治癒することが難しいですが、症状を管理することは可能です。

説明

子宮腺筋症は、ホルモン療法や手術療法により症状を緩和できますが、根本的な治療法はまだ確立されていません。定期的な医療チェックと適切な治療で、症状の管理が重要です。

2. 子宮腺筋症の治療にはどのくらいの費用がかかりますか?

答え

治療費は使用する治療法や地域によって異なります。具体的な費用は医療機関に問い合わせる必要があります。

説明

薬物療法の場合、月額の薬代がかかります。手術療法の場合、入院費や手術費用が発生します。保険が適用される場合も多いため、医療機関としっかり相談することが大切です。

3. 子宮腺筋症は遺伝しますか?

答え

子宮腺筋症の遺伝的要因は完全には解明されていませんが、家族歴がリスク要因となる可能性があります。

説明

子宮腺筋症が遺伝するかどうかはまだ不明です。しかし、家族に同じ疾患を持つ人がいる場合、そのリスクが高まることがあります。遺伝的な背景が完全に解明されるにはさらなる研究が必要です。

4. 子宮腺筋症と子宮内膜症の違いは何ですか?

答え

子宮腺筋症は子宮内膜が子宮壁の筋組織内に入り込む疾患で、子宮内膜症は内膜が子宮以外の部分に発生する疾患です。

説明

子宮腺筋症と子宮内膜症は類似していますが、異なる疾患です。内膜症は骨盤内の臓器に内膜が広がり、腺筋症は子宮筋の中に内膜が進入します。どちらも激しい痛みや月経過多を引き起こしますが、治療法や影響が異なります。

5. 子宮腺筋症の診断にはどれくらいの時間がかかりますか?

答え

子宮腺筋症の診断には1〜2週間かかることがありますが、診断と治療計画の確定には数か月かかることもあります。

説明

診断過程には内診、超音波検査、血液検査、MRIなどが含まれます。全ての検査と結果を分析するために時間がかかることがあります。症状が複雑な場合や他の疾患と似ている場合、診断が遅れることもあります。

結論と推奨

結論

子宮腺筋症は、激しい月経痛や過多月経、不妊症を引き起こす疾患です。症状を軽減し、生活の質を向上させるためには、適切な診断と治療が不可欠です。

推奨

もし月経時の痛みや出血が日常生活に支障をきたしている場合は、早めに専門医を受診して正確な診断を受けることをお勧めします。定期的な健康チェックと適切な治療で、症状を効果的に管理しましょう。

参考資料

  1. 片渕 秀隆先生のインタビュー: 熊本大学大学院生命科学研究部産科婦人科学, 2017年10月
  2. 日本婦人科腫瘍学会. (2021). ガイドライン.
  3. 国立国際医療研究センター病院. (2021). http://www.ncgm.go.jp/