##

序論

胃は、私たちの消化器系の中で重要な役割を担っています。しかし、胃がんなどの病気のために胃を摘出する手術を受けると、その後の生活にはさまざまな挑戦が待っています。胃を一部もしくは全て切除することによって、体全体の消化機能が変化し、新しい食生活や健康管理が必要になります。本記事では、胃切除後に予想される主要な胃切除後障害について説明し、その原因や症状、そして日々の生活や食事でどのように対処するかについて詳しく解説します。

専門的な助言

この記事では、川村病院 外科/東京慈恵会医科大学 客員教授の中田浩二先生を中心に、様々な信頼できる情報源からの情報を基にしています。胃切除後の症状やその管理方法について説明するため、特定の医療機関や製品の広告は含まれていません。

胃切除後障害とは?

胃切除後障害の概要

胃切除後障害とは、胃を一部もしくは全て切除する手術後に生じる一連の体調および機能の変化を指します。この状態は、胃だけでなく、消化器全体の働きが弱まることで、体全体にさまざまな不調が起こることを意味します。これらの変化は、患者の生活の質(QOL)に大きな影響を及ぼすことがあり、適切な管理が重要です。

胃の役割および消化過程における重要性

胃は、食べ物の貯蔵消化に関わる重要な役割を果たしています。具体的には、以下の役割があります:

主な胃切除術の方法

胃切除が行われる理由

胃切除術は主に胃がんなどの重篤な疾患に対して行われますが、それ以外にも消化管間質腫瘍(GIST)や消化管のその他の悪性腫瘍、さらには重篤な胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにも適用されることがあります。

胃切除術の種類

胃切除術には、病変の位置や範囲、患者の状態に応じて様々な方法があります。以下に代表的な術式を紹介します。

胃全摘

胃全摘は胃を完全に取り除く手術です。これにより、胃の機能が完全に失われ、食べ物は直接小腸に送られます。

幽門側胃切除

幽門側胃切除では、胃の出口側(十二指腸側)を2/3から3/4程度切除します。胃の入口側が残るため胃の貯蔵機能が一部残りますが、食べたものは軽快に小腸へ流れます。

幽門保存胃切除

幽門保存胃切除では、胃の中央部分を切除し幽門を保存します。この方法では、食べたものが長く胃に滞留し、急激な消化管への負担が軽減されます。

噴門側胃切除

噴門側胃切除では、胃の入口側(食道側)を1/4から1/2程度切除します。胃の出口側が残るため、食べ物が緩やかに小腸へ流れます。

胃局所切除

胃局所切除は胃の一部をくり抜いて切除する方法です。この術式では、胃の大部分が残り、胃の機能が最もよく保たれます。

胃切除後障害の症状

多岐にわたる症状

胃切除後障害の症状は多岐にわたり、以下のような症状が見られます:

食事関連愁訴

食事関連愁訴と呼ばれる症状は、胃が小さくなることで起こる「小胃症状」です。これには以下が含まれます:

これらの症状を軽減するためには、胃をできるだけ大きく残す術式や、「代用胃」を作製する再建方法があります。

ダンピング症候群

ダンピング症候群は、食べ物が一気に腸へ流れ込むことで生じる症状です。以下の2種類があります:

食事療法で胃切除後に起こる症状を緩和

食事中に注意するポイント

胃切除後の症状を緩和するためには、次のような食事法が推奨されます:

楽しんで食事を摂る工夫

食べ物だけでなく、食事そのものを楽しむことも重要です。例えば:

これにより、食事の楽しみを損なわないようにしながら、消化器に優しい食事を摂ることができます。

胃切除後障害に関連する一般的な質問

**

1. 胃切除後の体重減少とその対策は?**

回答:

胃切除後には、多くの患者が体重減少を経験します。これは、食事の量が減少するためです。

説明:

胃の一部または全部を切除することで、食べ物の消化・貯蔵機能が低下し、食事量が減少します。また、食事の頻度を増やす必要があるため、一度に摂取できるカロリーが限られてしまいます。

ガイド:

2. 胃切除後の低血糖症状への対処法は?

回答:

胃切除後には低血糖症状が発生することがあり、これを管理するためには迅速な対応が求められます。

説明:

急激に血糖が上がり、その後急降下することで低血糖の症状が出現します。これは、主に食後1.5〜3時間後に起こりやすいです。

ガイド:

3. 胃を切った後に起こる腸のトラブルとは?

回答:

胃切除後、多くの患者が腸に関連するトラブル(例えば、下痢や便秘)を経験します。

説明:

胃の機能が失われることで、消化されない大量の食物が小腸に直接流れ込むことが原因です。これにより、腸の働きが過剰になり、下痢や吸収不良が生じます。

ガイド:

結論と推奨事項

結論

胃を切除した後の生活には、多くの注意点と新しい挑戦が伴います。胃切除後障害は、消化器全体の働きが変わることにより、様々な体調不良を引き起こします。しかし、適切な知識と対策を持つことで、症状の緩和やQOLの向上が可能です。

推奨事項

胃切除後の生活は挑戦的かもしれませんが、適切な工夫とサポートを受けることで、健康的で充実した生活を送ることができます。

参考文献

  1. 中田 浩二. 胃切除後障害診療ハンドブック. 南江堂, 2015.
  2. 胃外科・術後障害研究会. 胃を切った方の快適な食事と生活のために.